仕事に対する意欲を向上させる公認モチベーションマネージャー

仕事に役立つ公認モチベーションマネージャー資格は団体受験がお得

Internal Investigation

従業員のモチベーションを上げるための福利厚生について

従業員のモチベーションを上げる福利厚生には、適正な勤務時間だけでなく規則的な休息、育児休暇制度の充実(男女とも)、職場復帰支援制度がある会社が従業員モチベーションをアップさせます。最近では介護や不妊治療という事象にも受け入れる土壌が必要だとされています。

仕事に対する意欲を向上させる公認モチベーションマネージャー

PC

管理者向けの検定「モチベーションマネジメント検定」とは

モチベーションをマネジメントする力を客観的に証明する資格が「モチベーションマネジメント検定」です。管理者にはAdvancedという資格があり、組織管理者やプロジェクト管理者向きの資格になっています。部下のモチベーションアップ仕事への取組み改善、組織内のコミュニケーション活性化を図るスキルを付けていきます。

モチベーションマネジメント検定を取得するまでの流れ

管理者向けのモチベーションマネジメント検定であるAdvanced 認定コースは23理論講座があります。まず公認テキストを購入し、4日の理論講座とレポート・テストを受講します。理論と実践のスキルを身に付けて資格を習得することが可能になっています。1日ごとの講座には必ず小テストが付いているので理解したかどうかがわかります。

団体受験を導入するメリット

モチベーションマネジメント検定は企業や学校など、10名以上で受験すると希望の日時や会場でモチベーションマネジメント協会の試験監督官が派遣されて実施してくれます。ワークショップ形式が展開されるとグループで受験すると個人で受けるよりも色々な意見を聞くことが可能になり、主体的に学ぶことが可能になります。

無料セミナーの申し込み方法

モチベーションマネジメント協会では定期的に特別無料セミナーを開催しています。例えば「ダイバーシティに対応するためのマネジメントとは・・・?」といったタイトルで多くの管理者の方が抱える悩みに応える理論と実践を解説してくれます。協会のウェブサイトから無料セミナーの項目経由で申し込むことが可能です。

広告募集中