育児の負担を病院内保育で軽減!優秀な人材の離職を防ぐ

育児の負担を病院内保育で軽減!優秀な人材の離職を防ぐ

婦人

法人向け保育サービスが急増している理由

法人向け保育サービスが急増している理由の一つが、社員に対する福利厚生の確率です。これは育休が満足に取れない、保育施設が無いことで退職を余儀なくされるということは企業にとって損失になります。特に女性が働きやすい環境を作ることは、離職率を低下させることにもつながります。しっかりキャリアを築いてきた女性が結婚・出産を境に離職した場合、職場復帰の機会が与えられません。男性でも育休が取りにくい環境は男女で協力する子育てが実現できないということになります。法人向け保育サービスが急増しているのはそのような背景があるからです。

病院内保育園を設置するメリット

病院で働く職員には看護師や医師といった拘束時間が長い方がいます。彼らは24時間交代であることや夜勤がある場合も多く、通常の保育園や幼稚園には預けにくい業態になっています。病院で働く職員が安心して働けるようにするには、病院職員の仕事に合わせた病院内保育園を設置することが満足度アップにつながります。院内や病院の近くに保育園を設置することで、何かあった時の連携もスムーズです。また病院によっては24時間365日対応してくれる保育園を設置しているところもあります。

病院内保育を設置するまでの流れ

対象とする職員の数や預かり児童の人数を考えます。人材の流動を防ぐためにどの程度の児童保育が必要かまずは数字を確定させます。また外部事業者に委託することで、保育園の設置許可、助成金の申請、保育計画、保育事業者の確保(保育事業者が外部事業者と一致していることもあります)、保育士の確保、計画から遂行まで依頼します。最も重要なのが院内に設置するか近い場所に設置するかという問題です。最初に病院経営者と相談の上、どちらが効率的かを決めてから着手します。

夜間保育や病児保育にも対応!

病院内保育は夜間保育や病児保育にも対応しています。この2つは病院の運営体制にもよりますが、必ず無くてはならないものです。企業と異なり、勤務サイクルが違う病院では夜間だけでなく365日対応している保育園を運営しているところもあります。

広告募集中